Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

ガンで余命3ヶ月と宣告されたら?

ガンで余命3ヶ月と宣告されたら?

画像の説明

【ガンで余命3ヶ月と宣告されたら?】



理学博士の小林正観という先生のお話しです。

ある医療関係者の報告で、

ガンで余命3ヶ月と宣告されてから

奇跡的にガン細胞が消滅して治った人たちには、

ある共通項があるというのです。


今、病のただなかにある方、およびご家族にとっては、

お役に立つのか、あるいは怒りを向けられるのか、

どちらかはわかりません。


でも、このお話しはお伝えしたいと思いました。

もし、失礼があればそのお怒りはきちんとお受けします。

余命3ヶ月をなんとか1年にのばそうと歯を食いしばり、

闘病生活にあけくれた人は、

残念なことに、延命の可能性は少ないそうです。



それに対して、奇跡的にガンが消滅した人たちの共通項は、

ガンをどう治すか」ではなかったようです。

病気のことで頭をいっぱいにしないで・・・

ガンをどう治すか」ではなく、

残された3ヶ月をどう生きるか、

 どう充実させるか

そのように考え方を切り替えた人たち。



その3ヶ月で自分のやりたいこと、

たとえば、絵を描こうとか俳句をつくろうとか、

同じ境遇の人を勇気づけるようなものを遺していこうとか、

「自分の生きてる時間をどうするか」に切り替えた人が、

結果的にガン消滅の可能性が高かったそうです。



「この病気をどう治すか」というのは、

病気で頭がいっぱいの状態といえます。



それよりも、

今の自分を受け容れる。

そして今の自分には何ができるか問うてみる。

それができれば、

病気のことで頭をいっぱいにしないですみますから。

そんなときに奇跡が起きるのかもしれません



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional