Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

ラジオが家庭に初めて登場した頃を想像してみてください

ラジオが家庭に初めて登場した頃を想像してみてください

画像の説明

【ラジオが家庭に初めて登場した頃を想像してみてください】



売新聞の経営者で、日本テレビの創設者でもある正力松太郎さん。

1924年、正力さんが社長に就任した時、朝日新聞の発行部数が91万部に対し、

読売新聞はたった5万部でした。



その翌年、ラジオ放送がスタートしました。

想像してみてください。

家庭の中にテレビも無く、多くのお家で電話も無く、そんな中にラジオが登場したのです。

家族全員が、くぎ付けになるほど、ラジオは主流のメディアになったのです。

そのせいで、新聞の人気には陰りが生じてきます。

まして、マイナーな新聞である読売の読者は激減し、

たちまちのうちに経営危機に陥りました。

そこで、社長の正力松太郎は起死回生の手に打って出たのです。

起死回生の策とは?

今では当たり前に行われていることです。

しかし、それは当時の常識の逆をいく方策だったのです>>>

メンツより読者の便利を考えたらこうなる

んながおおっと驚嘆したその方策とは、

新聞にラジオ欄を掲載する」ということだったのです。

今では当たり前のように載っている「ラジオ欄」。

ですが、当時は商売敵となるラジオの宣伝をするのは 自殺行為だと考えられていました。

他の新聞社に笑われながらも、読売はラジオ欄の掲載を続けたのです。

すると…


読売新聞の部数は落ちるどころか、徐々に売り上げを伸ばしていったのです。。

ラジオリスナーたちが、ラジオ欄がある読売新聞をこぞって購入したのでした。

正力さんは常にこう言い続けていました。



「読者が便利だと言って、喜ぶような新聞を作らなければならない」

正力オーナーの目線は、ライバルに向かうのではなく、

お客様に向かっていたわけですね。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional