Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

腰は激痛・・・だけど心は感激

腰は激痛・・・だけど心は感激

タクシードライバー

る日の外出中のこと、私はうっかり落としたハンカチを拾おうとした瞬間、腰に激痛を覚えました。

しばらく休んで様子を見ましたが、痛みはますます激しくなり、タクシーで自宅に戻ることにしました。

そのタクシーは個人タクシーで、運転手さんは60歳くらいの方でした。

私が事情を説明した時の運転手さんの言葉は今も忘れません。

少しスピードを上げて早く家に帰りますか、それともゆっくり走りますか?

なんと優しい心配りでしょうか。私は腰に痛みが伝わらないよう、ゆっくり走ってもらうことにしました。

腰痛

しばらくして国道に入りました。

車の往来が激しく、私の乗ったタクシーを他の車がドンドン追い越して行きます。

そのうち、追い越しをしきれない後続の車が増えてきました。

イライラが募り、とうとう盛んにクラクションを鳴らし始めました。

しばらくして運転手さんが車を止めました。

大きい文具店の前でした。

文具店に入った運転手さんは三分ほどで戻ってきました。

その後の走行は、運転手さんの機転で、何とか後続の車からあおられず、無事に帰路に着くことができました。

その運転手さんの行動とは>>>

運転手さんが文具店で調達してきたものとは

文具店から戻ってきた運転手さんは、車の後ろに何か紙を貼りつけました。

聞いてみると、

『「患者さん搬送中」と書いてあるんですよ。こうすれば、後ろを走ってる車もわかってくれるでしょう』
という優しい言葉が返ってきました。

やっと自宅付近に到着しました。

しかし自宅は、商店街の中にあり、車が何台も駐車していて我が家をふさいでおり、自宅の真ん前には止まれません。

玄関まで30メートルほどの距離でしたが、運転手さんは私を支えるようにしてついてきてくれました。

「私も三十年来の”腰痛メイト”です。どうかお大事に」

と言った運転手さんの別れ際の言葉は今も耳に残っています。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional