Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

結婚記念日の予約席@ロスのレストラン

結婚記念日の予約席@ロスのレストラン

画像の説明

【結婚記念日の予約席@ロスのレストラン】


40数年前のことです。

ある日本人の旅行者が、ロサンゼルスのあるレストランで見たお話しです。



Kさんは、日系人の友人とともに、

眼下に海を見下ろす瀟洒(しょうしゃ)なレストランで夕食をとりました。

すぐに目についたのが、花をいっぱい飾って、

二本の特別に大きなローソクを点した窓辺のテーブルでした。



いうまでもなく予約席です。



どんな人たちが、この素敵なテーブルにつくのだろう、

そして何を祝うのだろうと、Kさんは興味をそそられました。

Kさんたちは、ゆっくり食事をとりましたが、予約席には誰も現われません。

ローソクはすっかり短くなりました。



よく見渡すと、マネージャーと給仕長は通りかかるたびに立ち止まって、

情のこもった眼差しで、そこだけポツンと空いているテーブルを、

じっと眺めているのです。

それがいかにも優しく、それでいて妙にもの哀しそうでしたので、

Kさんは、マネージャーに聞かずにはいられませんでした。

すると、哀しいいわれがあったのです>>>

毎年送られてくる為替と電報

ネージャーが教えてくれました。



5年前のその日、結婚式を挙げた若夫婦が、このテーブルでお祝いの食事をしました。

船の乗組員のご夫婦でした。

その日も、今夜と同じように、テーブルには花が飾られ、

大きな二本のローソクが点っていました。

次の年の記念日にも、やはり二人でこの予約席に座りました。



ところが、三年目には5ドルの為替と電報だけが来たそうです。

奥さんは乳がんで亡くなられ、自分は航海中で来られない。

しかし、あのテーブルは、自分たちのために予約済みにしておいてくれないか、

という文面でした。



マネージャーたちは、びっくり驚いたそうです。

それから毎年、決まって、この記念日には為替と電報が送られてきました。

去年はヨコハマ、今年はロンドンからだったそうです。


船乗りのこのお客様の気持を汲み取り、

レストランでは、結婚式の日と同じように毎年テーブルを飾り、

予約席として、その方への想いを馳せているとのことでした。



Kさんは、マネージャーの話を聞き、深く心を打たれました。

同時にマネージャーの心遣いを嬉しく思いました。

卓上に飾られた花だけでも5ドル以上のものでしたから。

さらに話を聞き進めると、この5ドルの為替は、

そのまま、この船乗りの方の奥さんが眠る教会に、

年々献金されているとのことでした。



このレストランの眺望の良さに加え、人の心の美しさに触れたKさんは、

まるで一編の詩の朗読を聴くような思いに浸ったそうです。



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional