Facebookページ初心者への入門ガイドマップ。フェイスブックのアカウントを利用してまずFacebook pageを開設しましょう。集客やプロモーションに有効です。

アインシュタインはなぜ湯川秀樹に謝った?

アインシュタインはなぜ湯川秀樹に謝った?

アインシュタイン

二次世界大戦が終わって間もない1948年のこと。

アメリカを1人の日本人物理学者が研究のために訪れました。


その名は湯川秀樹。

アインシュタインと湯川秀樹

1949年に日本人で初めてノーベル賞を受賞し、敗戦で自信を失っていた日本人に大きな力を与えた人物です。

そんな湯川の研究室に、「20世紀最大の物理学者」「天才」と評されるアインシュタインが訪ねてきました。

そして彼は湯川の手を握り締めると、涙を流し、肩を震わせながら口を開きました。


それはアインシュタインの精一杯の謝罪の言葉だったのです。


何度も繰り返して、こう言いました>>>

アインシュタインは当時、物理学の世界では雲の上の人

湯川秀樹
インシュタインの湯川秀樹に対する謝罪の言葉とはこうでした。


罪もない人たちを傷つけてしまった。どうか許してほしい


アインシュタインの特殊相対性理論は、原子爆弾の製造にも一役買っています。

またアインシュタインは、第二次大戦時、当時のアメリカ大統領に宛てられた、原子力開発を促す手紙にも署名をしています。



広島と長崎に原爆が投下されてから、彼はあの手紙に署名したことを心から悔やんだといいます。

また、彼が原爆開発に直接携わったことはなく、広島・長崎への原爆投下にも反対していました。

しかし、自分の研究の結果に責任を感じた彼は、すでに物理学の世界では雲の上の存在であったにも関わらず、1人の日本人に対して、泣きながら謝罪したというのです。

湯川はノーベル賞受賞後、第一級の物理学者として活躍する一方、核兵器廃絶を求める平和運動にも積極的に携わり、核兵器廃絶・科学技術の平和利用を訴えた「ラッセル=アインシュタイン宣言」にも署名しています。

アインシュタインの涙は、湯川の学者としての人生にも大きな影響を与えたのでしょう。

参考本:ちょっといい話  出版:アルファポリス文庫 著者:佐藤光浩



感動シリーズ


いいねfacebook


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional